2015年11月21日土曜日

これ色彩ツールじゃないんです!ゲームなんです! - 「Blendoku 2」


アプリ紹介

今回紹介するのは「Lonely Few LL」さんの「Blendoku 2(彩独2)」です。
多分、数独をもじってるんでしょうね。

さっそくレビューしていきましょう!



綺麗な色づかい。
色彩ツールのような見た目をしてますが、実はこれ色彩ツールではないんです。

なんと、ゲームなんです!

見た目もステキ!操作感もステキ!
ゲーム内容もステキ!
開発者から見てもステキ!
・・・なんです。


いろのグラデーションを作る要領で、タイルを動かして、カラーブレンドを生み出します。
左の状態から、右の状態を作ります。白からだんだんグレーになるようにタイルを並べるんです。



操作感も気持ちが良いです。
これが移動さしている最中のイメージです。
タイルをドラッグするとニョンと伸びて移動させることができます。
(移動元をタップして、その後、移動後をタップしても移動ができます。)

「入門」はかなり簡単でサクサク遊べます。
調子に乗っていると、とたんに難しくなってきますよ。



「最上級」は、はっきり言ってかなり難しいです。
見てください・・・

どうですかね、あきらめてしまいそうになります。

でも、クリアした時の達成感は半端ないですよ!
ぜひ味わって欲しいです。



ステージ数も半端なく多いんです。
「入門1」で150問、「最上級1」で100問。
全部合わせるとボリュームがたっぷり過ぎます!
そうとう遊べますね!



また、例にもれず攻略サイトがあります。
国内産のゲームではないので、攻略サイトは英語サイトです。
インターナショナルですね!

開発者からしたらローカライズは大事だなと痛感させられます・・・



そして、2とあるくらいだから前作もあります。
日本語化されてませんが、気になる方はどうぞ!
「Blendoku」です。


技ありポイント!(開発者向け)

開発者から見ると本当に技ありなアプリなんです!

前に紹介した通り、見た目もステキだし、ゲーム内容もステキなのに、実はイラスト、イメージがほとんど使われていないんです。

プログラマに苦手な人が多いイラスト部分、それをほとんど使わずに色彩色のバリエーションだけでゲーム構成されています。

プログラマなら想像つくと思うんですが、実はこれ、プログラムがとっても得意な分野なんです。

まさに発想力の勝利とでもいいましょうか!

発想力でこれほど楽しいアプリが作れるとは・・・

なぜ思いつかなかったんだろう・・・

まとめ

いかがだったでしょうか?

一度試してみてください。
本当に見た目がステキで、はまってしまいますから。

開発者の方もぜひダウンロードをしてみてください。
自分でも作れそう、そして、なぜ思いつかなかったんだと後悔すると思いますよ(笑)



最後まで読んでいただいてありがとうございます!
毎日配信しています!ぜひ、フォロー、シェアお願いします!!
↓↓↓

この記事が「面白かった」「役にたった」と感ていただけましたら”シェア”お願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

”フォロー”お願いします!

超おすすめアプリ!

人気の投稿