2015年10月14日水曜日

Chromecastでデバイスが見つからず困り果てた末の解決方法



以前に開発現場(といっても自宅の個人開発)にChromeキャストを導入した記事を書いた。
参考:Chromecastを導入してみた 【できること/できないこと】まとめ

今回は、しばらく快適につかえていたのだけれど、急にデバイスが認識されなくなったときの話をしようと思います。




実際に起きた流れ

まず、デバイスが認識できなくなったときの流れをそのまま書いていこうと思います。

まず、Macでプログラムを開発しながら、裏でChromecastを通して、「Gyao!」の動画を楽しんでました。
「Gyao!」はMacのChromeブラウザで接続して表示していました。

「Gyao!」で見たい動画がなくなったので、「YouTube」で面白い動画がないのかなーと思い切り替えて探していました。
これももちろんMacのChromeブラウザで接続して表示しています。
ひとしきり面白そうな動画を物色して見終わったので、もう一度「Gyao!」のお笑い番組動画を見ようと、戻ってChromecastに表示したろうかなと思った矢先、なぜか「Gyao!」に「キャストボタン」がないことに気づきます。

あれ、さっきまで見てたのに、なぜ??

と思いながら、原因を探るべく「YouTube」に戻ります。
「YouTube」では、「キャストボタン」があります。
もう一度「Gyao!」に戻ると、またありません・・・

困った私はスマホ(iPhone)の専用アプリで表示できるかを確認しました。
こちらは普段使っているアプリは認識をしています

まず参考にしたのが、以下の公式サポートサイトで全く繋がらなかったときのサポート情報が表示されていました。
参考:キャスト デバイスが見つからない


いろいろなサイトを見てもデバイスが全く見つからないときの話のサイトはたくさん見つかるのですが、繋がってからの話はあまり見つかりませんでした。


ここで、Chromecast側の原因でなく、送信元が問題なんだと判断をします。
Chromecastには、「Chrome(Webブラウザー)」の内容を表示する機能がデフォルトで付いていることを思い出しました。
こちらが大丈夫か確認をします。

結果、「Castデバイスは見つかりませんでした。」と表示されます・・・orz

もう一度「YouTube」に戻っても、認識されます。

どうなってるんだ・・・しばらく途方にくれました・・・

整理すると・・・

まず、Macから
YouTubeでデバイスは見つかる。見ることもできる。
・さっきまで見れていたのに、Gyao!で認識ができなくなった
Chrome(ブラウザ)でも認識できない

iPhoneからだと、
・各種アプリでは認識ができている

こんな感じです。

そして最終的に解決した方法

まず、Macを再起動しました。
これでも実はダメだったのですが、一応、対応した流れの一部なので書いておきます。

次に、Chromecastを再起動します。
HDMI端子から一度Chromecastを抜き、電源のmicroUSBを抜き電源を切りました。
10秒ほど待ってから、microUSBを指して、電源を再度入れて、HDMI端子に差し込みます。

これで「Chrome(Webブラウザー)」でも「Gyao!」でもデバイスが認識されるようになりました。


たったこれだけですが、どうしたら良いか考えているときは途方にくれているときにはすぐに思いつきませんでした。

同じように困っている人は試してみていただければと思います。


この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

ではまた。

この記事が「面白かった」「役にたった」と感ていただけましたら”シェア”お願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

”フォロー”お願いします!

超おすすめアプリ!

人気の投稿