2015年10月22日木曜日

Bloggerを独自ドメインへ変更時に対応したことまとめ


背景

ブログを書くようになって、そこそこの時間が経過しました。
気軽に始めたブログなのですが、フタをあければそこそこの記事数になってきていて、アクセスもそこそこ増えて、最近は楽しくなってきたところです。

本格的にブログ運用を始めようかなと感じるようになり、本気ブログを展開している方々は独自ドメインで運用してることが分かってきました。

自分も独自ドメイン運用を始めることにしたので、「なぜ?」というところから、変更する手順などをまとめることにしました。




独自ドメインって?

そんなの知ってるという方は次の章へどうぞ。


さて、Bloggerでドメインを気にせず利用していると、ドメインは通常blogspot.jp(jpではない場合もありますが)に割りあてらることになります。

カスタマイズできる部分(下の例ではxxxxの部分)もありますが、それはサブドメインといわれるもので、ドメインで言うと、ひとくくりにされるわけです。
xxxx.blogspot.jp

独自ドメイン(カスタムドメインなどとも呼ぶ)というのは、独自に取得したアドレスで、同じブログにアクセスができるようになります。

このブログの元のアドレスは、「http://tadamatu.blogspot.jp/」でアクセスしていましたが、独自ドメインに切り替えてからは「http://blog.tadamatuapps.com/」でアクセスが可能になりました。


なぜ独自ドメインに切り替えるのか?

もちろんデメリットもあるわけですが、たくさんのメリットを受けることができるからです。

独自ドメインにすることのメリットとデメリットは?

まずはメリットから見ていきましょう。

【メリット】
  • SEO的に有利に作用する
    Googleの検索エンジンでは、表示するコンテンツの制限に、「同じドメイン内のページを2つ以上表示させない」という制限があります。
    この制限にかかってしまうと、他のユーザが良く似た記事を書いていた場合、SEO的に不利になりますが、独自ドメインだとこの制限にかからずに勝負することができます。
  • ブログの引っ越しが容易にできる
    無料のドメインを利用していると、容易に引越しができません。ドメインをそのまま引継ぎができないためです。
    最近のブログ運用のトレンドとして、カスタマイズの幅広さからWordpressなど人気がありますが、ドメインをそのまま引き継いでの移行が可能です。
    個人的にはBloggerに不自由をあまり感じていないので、すぐに引越しすることはないですが、メリットの一つに上げることができます。
  • ブランディングに有効(信頼性が高くなる)
    ユーザからすると、独自ドメインでサイトを運用しているかどうかも、本気で取り組んでいるかどうかの指標になることがあります。
    ブログを見たユーザが問い合わせやコメントを残したいときにも安心感につながるでしょう。
  • URLが覚えやすい
    印象に残りやすくなり、また覚えやすいURLでのアクセスが可能になります。
  • 自分の資産となる
    ドメインは作ってから時間がたっていればいるほど検索では信用度が高くなり、同じ内容でも検索の上位に行く場合が多いと言えます。
たくさんのメリットがあるのは分かりました。
では次にデメリットはどんなものがあるでしょうか?


【デメリット】
  • コストがかかる
    一番大きなデメリットはこれだと思います。
    ドメインの取得にはコストがかかります。(年間1000円程度とかなり安めです。数十円なんてドメインもあります)
    後述しますが、ドメイン取得サービスには、有名なところで「 お名前.com 」「ムームードメイン」などがあります。
  • 管理が面倒
    Bloggerなどのドメインをそのまま使っていれば、ドメインのことなど一切気にせずに利用できますが、独自ドメインを持っていると、毎年更新を気にする必要があります。
    ほとんどのドメイン管理サイトではクレジット登録をしておくと、自動更新をしてくれるので便利に管理ができるようになっています。



もちろん、メリットとデメリットを見極めて、独自ドメインに切り替えることになります。

例えば、仲間内だけに見せるだけのブログを書いているような方は、わざわざ費用のかかる独自ドメインをとる必要はないでしょう。
より多くの人に見てほしい、ブログで稼ぐぞ!と考えて記事を書いている人は独自ドメインのメリットが生きてくる可能性があります。


私が独自ドメインにしようと心に決めたのは、せっかくブログを書いているので、多くの人に見てほしい!と考えたためで、面倒な気持ちもありましたが思い切って切り替えを行うことにしました。
(始めは自分の覚書程度のブログだったのに・・・)


さて、次の章から具体的に独自ドメインに変更したときにやったことを書いていこうと思います。

(1)まずは独自ドメインを取得する

ドメイン取得サービスはたくさんあります。
基本的に取得するサービスはどこでもかまいません。

ただ、取得するドメイン名にはこだわりを持つことをオススメします。
できるだけ分かりやすい、またブランディングしやすい名前にした方が良いでしょう。
短く、覚えやすい名前だとなお良いと思います。


私は「 お名前.com 」で取得しました。

取得した、ドメインは「tadamatuapps.com」です。

私がアプリ作成でブランディングしている「TADAMATU APPS」をベースに取得しました。
少し長いかもしれませんが、覚えてもらいやすい名前が取れたと満足しています。



(2)独自ドメインをBloggerに設定する

次にBloggerに先ほど取得したドメインを設定します。

Bloggerの管理ページ[設定]-[基本]と進み、[公開/ブログのアクセス]で、[ブログのサードパーティURLを設定]を選びます。

次に取得したドメインを入力し、保存します。
するとエラーが出るので、この情報を元にドメインネームシステム(私の場合は「お名前.com」のコンソールページ「ドメインNavi」)でエラーに記載されているCNAMEを設定していきます。

CNAMEを「お名前.com」のコンソールページ「ドメインNavi」で以下の手順で設定します。
[ドメイン設定]を選択し・・・
 [ネームサーバーの設定]-[DNS関連機能の設定]を選びます。
そしてDNS関連設定機能の設定メニューの中から[DNSレコード設定を利用する]を選びます。
すると[DNSレコード設定]の入力画面が開くので、エラーで指示されている[CNAME]の設定を行います。
blog      ghs.google.com
cnhpxxxxxxxxx gv-lzwxxxxxxxxxxxxxxxxx  (2つ目は固有なのでそれぞれ違う)

これを設定し、反映に1時間程度かかるので、しばらく待ってから、Bloggerの管理ページへ戻り[設定]-[基本]と進み同じ手順で、サードパーティドメインの設定に「blog.tadamatuapps.com」を入力して、保存します。

反映が完了していれば、保存が無事に完了するはずです。
反映がまだの場合はエラーになるので、もうしばらく待ちましょう。

これでBloggerへの独自ドメイン設定は完了になります。

独自ドメインで、今まで更新信していたブログにアクセスが可能になります。
 新ドメイン:http://blog.tadamatuapps.com/

また、リダイレクト設定として、変更前のドメインが設定されているので、旧アドレスにアクセスしてもリダイレクトされ表示されます
ただし、リダイレクトが動作し始めるまでに最大 24 時間かかることがあるそうですので、あせらずお待ちください。
 旧ドメイン:http://tadamatu.blogspot.com/


【補足】
ブログをホストする場所として、「トップレベルドメイン」の設定方法と「サブドメイン」の設定方法があります。

詳しくは以下のリンクを参照してください。

私が実施した上の設定方法は「サブドメイン」になります。
トップレベルドメイン」の設定方法は次のページなどを参考にされると良いと思います。
参考:独自ドメインをお名前.comで取得してBloggerで設定してみた


(3)Search Console のアドレス変換を行う

まず始めに必要な対応は、変更したアドレスが検索エンジン(Google)で有効になるように、Search Consoleに知らせることです。

まずは、Google Search Console にログインします。

次に、「プロパティを追加」します。細かい説明は省きますが、具体的な設定方法は以下を参考にしてください。
参考:サイトを追加する

最後に、移転するサイトをクリックし、歯車のアイコンから、[アドレスの変更] をクリックして、アドレスの変更を実行します。


その他の細かいアドレス変換ツールの説明などは以下のサイトを参考にすると良いと思います。
参考:アドレス変更ツールの使用


(4)ブログ内部のアドレスを変換しておく

リダイレクトを設定していれば、基本的には自動で旧ドメインから新ドメインにリダイレクトしてくれるので、コンテンツが表示されないということはないです。
(通常何もしなければ旧ドメインへリダイレクトされるはず)

しかし、ブログ内のアドレスは変換しておくことを強くオススメします。


理由はいくつかありますが、とりあえずクローラーが巡回しやすい構成であるべきで、無駄なリダイレクトも避けておいたほうが良いでしょう。


たくさんの記事がある場合は、確かに面倒です、全て変換しておく方がベターですが、人気のある記事だけでも変換しておくことをオススメします。


(5)GoogleAdSense などの内部利用しているAPIなどの登録URLを変更する

通常、ブログを運用している方は、内部利用しているサービスがあると思います。

ユーザの目には見えないですが、内部的に「Googleアナリティクス」などの解析ツールや、「GoogleAdSence」「Amazon アソシエイト」「楽天アフェリエイト」などの広告を利用している方が多いと思います。

それらのサイトに登録してあるURLを切り替えておきましょう。



(6)FacebookやTwitterなどのSNSで登録しているURLをケアする

ブログ運用していれば、集客などもかねて、SNSを利用している方が多いと思います。

ここはユーザに見える部分で必ずケアしておく必要があります。

それらのサイトも登録してあるURLをケアしておきましょう。
  • Facebookのウェブサイトリンクやプロフィールコメント、作成している場合はFacebookページ
  • Twitterのサイトリンク登録やプロフィールコメント
  • Google+のウェブサイトリンクや、プロフィールコメント
など


あとがき

ドメインを切り替えてから数日がたちますが、少し減った程度で、激減したという感じはありません。

また時間が経過したころに、経過報告をしたいと考えています。


現状の感想としては、独自ドメインにすることの今後のメリットを考えるとサクッとやってしまって良かったなという印象です。
迷っている方は、これを機会に思い切ってやってみてることをオススメします。


この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

ではまた。

この記事が「面白かった」「役にたった」と感ていただけましたら”シェア”お願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

”フォロー”お願いします!

超おすすめアプリ!

人気の投稿